《G20サミット開催に伴う配送への影響について》
この夏はシャツ派? それともTシャツ派?

2019.06.05

この夏はシャツ派? 
それともTシャツ派?

夏支度もいよいよ本番。ワードローブを今年らしくフレッシュにアップデートしたいなら、半袖シャツとTシャツに注目を。着こなしの印象を左右するアイテムなだけに、素材やデザインに表情があるものを選ぶとコーディネートがぐっとスタイリッシュに決まる。ぜひトライして欲しいスタイリングとともにラインナップをご紹介します。

  • Style 1

    コーディネート力抜群のチェック柄シャツ


    ワンパターンになりがちな夏の着こなしに、メリハリをプラスしたいなら先染めの半袖シャツを重ねるのがおすすめ。一見シンプルなチェック柄に映るシャツは、実はカジュアル感のあるワッシャー風に加工したこだわりの一着。素材感が程よくこなれた雰囲気を演出してくれます。インには白のTシャツ、足元はスニーカーを合わせ、デニムショーツをクリーンで爽やかな装いにアレンジ。

  •  

    きちんと感もキープできる半袖シャツ


    襟付きだからラフになりすぎず、幅広いシーンで着こなせるのが半袖シャツの魅力。【上】ちょっと個性派なスタンドカラーシャツは、立体感のある素材でシックなインディゴカラーがポイント。【中】さりげなく花柄を抜染したプリントシャツは、スタイリングのアクセントに。【下】ワッシャー加工を施したシャツもエポカ ウォモらしいシンプルながらデザイン性の高い一着で見逃せない。

  • Style 2

    VネックTシャツでスマートに大人っぽく


    清潔感のあるホワイトTはまさに万能アイテム。ルーズに見えず、都会的なムードを手に入れたいなら迷わずVネックにトライを。ワッシャー生地に花柄を表現したTシャツは、胸のスワロフスキー®クリスタルがアクセント。程よいVネックの開き具合、絶妙なフィット感とディテールまで計算されている。相性抜群のジャージーのショートパンツで、スポーティなリラックススタイルを楽しみたい。

  •  

    洗練カジュアルに不可欠なひとクセTシャツ


    夏の主役はなんといってもTシャツ。ストレスなく着こなせ、合わせるボトムスを選ばないのも嬉しい。おすすめは、さりげなくデザインにヒネリが効いたもの。【上】メランジ風の上品なボーダーTは、肌触りの良さがポイント。【中】柔らかな風合いのジャカードTシャツも、独特の凹凸感でひと味違った雰囲気に。【下】おしゃれ上級者を目指すなら、レース風の花柄Tシャツがイチオシ。

Photo: Shoichi Muramoto @BYTHEWAY Edit & Text: Shiho Amano Direction: Pomalo inc.

トップへ戻す